スポニチ大会  三菱重工横浜対日本通運


若手中心?のオーダーにびっくり



三菱横浜先発瀧優介はヒット、牽制アウト、ヒットヒットデットボール、押し出し四球、犠牲フライであっと言う間に2失点
日通菅井は好投で上々の立ち上がり

   



3回はランナーを一人置いてファーストゴロ。村山がベースを踏んでアウト、セカンドに投げるも悪送球でランナーが残り
その後3塁に進み内野ゴロで一点。さらにタイムリーが出て4−0。


三菱横浜は頓所が2塁打で初ヒットも後続なし
      

4回から鶴田に交代。リズム良く抑える


5回裏、1アウトから村山内野安打、頓所ヒット。前田は三振。坂上のセカンドゴロを大槻がはじいて4−1


      



さらに小池四球後、五十嵐の走者一掃三塁打で一気に同点

続く佐々木は四球、森脇はセンターフライで勝ち越しならず
   

7回から門西が登場。しかし審判のゾーンが狭く、コントロールに苦しむ

     



2アウト2塁3塁のピンチで遠藤の打球はバウンドしたファーストゴロ。
門西は一塁に駆け込むも、不慣れな村山が投手が獲ると思ったのか、打球を逸らしホームイン。
さらに福田にもタイムリーが出て6−4



日通は小刻みな投手リレーで逃げ切り。
6−4で日通の勝ち。

inserted by FC2 system