10 日本選手権 11・9 2回戦



第二試合  三菱重工長崎対三菱自動車岡崎





先発は宇土と山名


    



秋から?座喜味コーチがサードに

2回に伊藤大のホームランで長崎が先制



キャプテン野口、捕手は平野

 



宇土は5回までノーヒットピッチング
岡崎はピンチを迎えて山名から田中に代えて抑える



6回に岡崎がヒット、バント、パスボール、スクイズで同点





  


岡崎は倉谷、宇田川が抑える
長崎は宇土が頑張る


     


7回に伊藤孝のタイムリーで勝ち越し
  



長崎は8回から山中


9回に最後の粘りを見せて岡崎が犠飛で追いつく



長崎は手嶋


下山はヒットもライト堀がさしてアウト



    




10回2アウトから連続二塁打で岡崎が勝ち越し





宇田川が締めて岡崎の勝ち


第三試合  NTT東日本対三菱重工横浜




初回坂上がエラーで二塁、バントで三塁に進むもゼロ

     



三菱横浜の先発は鶴田
初回からコントロールが悪く満塁のピンチを迎えるも連続三振で脱出



鶴田は2回も制球定まらず、小林にタイムリーを打たれて2失点
3回も三菱横浜はランナーを三塁に進め松井の内野安打の当たりもアウトの判定




5回に瀧諒太がソロで3−1

   


5回から亀川。貫録の投球。

打線はチャンスはあるも併殺などで点取れず

   

8回裏に門西がつかまり6−1



結局崩せずNTT東が勝利

   






inserted by FC2 system