2010 日本選手権一回戦  岡崎  三菱重工横浜対王子製紙



先発は瀧優介と奥村




3回に高安のヒットなどでランナーをため坂上のタイムリーで先制
       



   

その後瀧は再三のピンチを抑える。奥村は危なげない投球
1-0が続く

応援が全て三菱名古屋で少々面食らう



8回にようやく佐々木が126メートルの広い岡崎のセンターに2ラン3−0

     


8回から鶴田が登板。三振取りまくり

      




9回に渡部二塁打、代走小池。瀧諒太タイムリー、エラー、玉水から坂上タイムリーで6−0

     







      


鶴田が1点失うも〆て6-1で勝利



日産の二人は目立たず
    
                                                 プロ行くの?


    




inserted by FC2 system