10 都市対抗野球 三菱重工横浜対王子製紙



先発は亀川と西濃運輸前田
初回に田城のヒットなどで2アウト1塁3塁だったが五十嵐が凡退


     


先発亀川は4回までノーヒットピッチング



4回に満塁のチャンスがあるも今野の併殺でゼロ。
5回に青山のホームラン、古屋のヒットで2−0


その後チャンスはあるも前田を打てず、嫌な雰囲気に


   

2番手にはENEOSの大城。危なげなく抑える
      

しかし全然打てない

8回2アウトから五十嵐ヒットの後渡部が起死回生の同点ホームラン





9回から瀧優介
   



10回はお互いチャンスはあるもゼロでタイブレークへ。
11回、代打の日岡の捉えたあたりがショートライナーでダブルプレー


11回裏、代打の山岡ショーゴロワンナウトの後
坂上がショート内野安打の当たり。
ショートがサードに投げるもサードが取れず三菱横浜の勝利
    



    



第二試合東芝対東海理化



    



四番は赤い池辺
     



井川もヒット



東芝が松永のタイムリーなどで2点、藤田が完封で東芝勝利
   

inserted by FC2 system